複雑なものをわかりやすくして生徒に教える教育から、生徒の「複雑なものを扱う力」を育む学習へ。

「自然と人間の関係」を「総合的」なシステムとして捉え考える地理教育へ。

  

・古今書院の月刊「地理」にて連載(2018年~2019年)  http://www.kokon.co.jp/

・本研究会は「日本地理教育学会 公認研究グループ」(2018/19年度)

 

★「授業で実践してみたけどこれでいいのだろうか?」,「どうやったらうまくいくのか?」などの授業実践上の課題についての相談をお待ちしております。FBやTwitterよりご連絡ください。


研究会の開催情報

第59回研究会2020年9月27日 16:00- 17:30

「地理教育システムアプローチとロールプレイ」

コーディネーター:阪上弘彬(兵庫教育大学),宮崎沙織(群馬大学)

 (ビジネスミーティング含む)

 

Zoom開催(参加希望の方はどなたでも。FBかTwitterでご連絡ください)

過去の研究会情報についてはブログ


研究会

研究会の活動について

ブログ

理論

地理教育システムアプローチの理論

実践教材

実践案や教材等へのリンク

用語集

「システム」や「システムアプローチ」とは?


ツール

なぜ,関係構造図を使うのか



日本地理教育学会2018年6月例会資料

ダウンロード
システムアプローチの理論と実践(資料)
バインダー1A4.pdf
PDFファイル 5.0 MB