複雑な「自然と人間の関係」を「総合的」なシステムとして捉えて考える地理教育へ。

  

・2021年3月、本研究会の成果を出版しました「システム思考で地理を学ぶ」http://www.kokon.co.jp/book/b556753.html

 

・本研究会のWGであるシンキングスルージオグラフィー・ミステリー研究グループ(TTGミステリーグループ)は「日本地理教育学会 公認研究グループ」です(2021/22年度)

★「授業で実践してみたけどこれでいいのだろうか?」,「どうやったらうまくいくのか?」などの授業実践上の課題についての相談をお待ちしております。FBやTwitterよりご連絡ください。


開催情報

 第84回研究会

報告 バナナの実践(仮) 

   首藤慧真(広島県立教諭/広島大学・院)
日時 2022年1月21日20時予定

会場 Zoom(どなたでも参加可。FacebookTwitterメールからお問い合わせください。担当:山本) 

(今後の予定)

地理教育SA研究会講演会

講師 菊地俊夫 東京都立大学教授

演題 地域をシステムとして読み解く手法とその考え方―さまざまな研究事例から考える―

日時 2023年2月4日(土) 15:00~ (講演は1時間半程度) 
会場 都内大学(予定)

システム思考ワークショップ
講師 トーマス・ホフマン
日時 5月下旬~6月上旬
会場 東京都内・群馬・静岡など
(どなたでも参加可。FacebookTwitterメールからお問い合わせください。担当:山本)

過去の研究会情報についてはブログ


研究会

研究会の活動について

ブログ

理論

地理教育システムアプローチの理論

実践教材

実践に関する情報。

用語集

「システム」や「システムアプローチ」とは?

ツール