地理教育システムアプローチ研究会は,地理教育において重視されてきた「人間と自然の関係」の重要性を改めて見直し,システムという観点から地理の授業開発や理論研究を進めている研究会です。

学校の教員と大学の教員の連携により運営されています。
ESD(持続可能な開発のための教育)を可視化しながら前に進めていくためのカギが,システムアプローチです。

連載「システムアプローチで考える地理教育」(古今書院「地理」)

  1. システムアプローチとは 地理63-2月号
  2. 英米独の地理教育におけるシステムアプローチ 地理63-3月号
  3. システムの思考で捉えた山形県上山市のクアオルト 地理63-4月号

研究会メンバーの学会等での発表

過去のセミナー

  • 山下脩二 学芸大学名誉教授
    「システムについて」
    2015年12月25日16時~ 早稲田大学16号館410教室(終了)
  • アクセル・ゲールマン ドレスデン工科大学教育学部教授
    「コンピテンシー志向の授業への転換」(ドイツ語・通訳あり)
    2016年7月23日(土) 16時から18時半 専修大学神田キャンパス7号館8F781教室(終了)