用語集

システム,システムアプローチ,複雑,地理教育でのシステムアプローチ,地理システムコンピテンシー

システム System

何かを達成するように一貫性をもって組織され、相互につながっている一連の構成要素

  • 全体は部分の総和以上.
  • 問題はつながっている.解決策もつながっている. Problems are interconnected - and so are solutions (18/2/1988, Meadows, Donella)

システムアプローチ Systems Approach

システムの見方・考え方(システム思考やネットワーク思考)に基づき、ダイナミクス、複雑系、創発などのシステムの概念から物事を理解すること。システムズアプローチとも言われる。

一言で言えば、「相互関係から成り立っている全体を捉える方法」

・相互関係 を理解することとは,事象の間のつながりを理解すること。事象の「関係」と「構造」を捉えること。
・全体 を理解することとは,事象の相互関係が過去ー現在ー将来という時間軸の中でどのような「振る舞い」(behavier)を見せるかを理解すること,予測すること。相互関係が生み出す,システムのダイナミックな振る舞いを捉えること。

システマティック(systematic)… システムの構造についての、構造的な

システミック(systemic) … システムの全体についての、全体的な
※システムの理解の順番: システムの構造を理解する→その構造が生み出すシステムの全体像を理解する

複雑 Complex

世界は複雑化している.複雑さは現代世界の属性の一つであり,どうやってコントロールするかが現代的課題.

Non sequitur. SIMPLE BUT WRONG VS COMPLEX BUT RIGHT. Wiley Miller. http://www.gocomics.com/nonsequitur/2016/01/20

「簡単だが間違っていることと,複雑だが正しいこと。選ぶならどちら?」

地理教育でのシステムアプローチ Systems Approach in School Geography

 システムの見方・考え方(システム思考やネットワーク思考)に基づいて、地理的事象・課題の構造(システマティック:要素と関係性)と,挙動(システミック:時間経過によるシステムの変化)を理解し、世界を観察・考察する教育/学習方法

 

「地域や現代的課題について、そこでの地理的な諸事象の「相互関係」と、相互関係が積み重なってできている「全体」の振る舞いを考える方法」

地理システムコンピテンシー

システム思考を用いて複雑なシステムの構造に気づかせるとともに、構造が生み出すシステムの挙動を理解し,システムに適応した形での課題解決を考える資質・能力

(ドイツの地理システムコンピテンシーに依拠)

参考WEB

システムシンキング:教訓「ボルネオの猫」の物語

 

物事の相互依存関係を理解していないと、解決策がより多くの問題の原因となる

 

良い問題解決方法を見つけようと思うなら、シンプルな問いに対しても複雑で内省的な思考が必要

 

問題の解決をデザインする

 

ピーター・センゲへのインタビュー

 

システム思考論理の紹介

 

https://youtu.be/rDxOyJxgJeA


海外のプロジェクト

GeoSysKoプロジェクト (地理教育システムコンピテンシー開発プロジェクト. ルツェルン大学,スイス・ドイツ)

SysThemaプロジェクト(ESD推進プロジェクトの一環. ルートヴィヒスブルク教育大学,ドイツ)

HEIGISプロジェクト(地理教育システムコンピテンシー開発プロジェクト. ハイデルベルク大学,ドイツ)