ドイツの地理システムコンピテンシーの理論を日本の文脈において捉えなおし,システムアプローチによる地理の授業を開発,実践を行っています。

授業開発

  • 「上山の地理的特性を生かして,上山の将来を考えよう!」 金田啓珠
  • 「アラル海の縮小」田中岳人
  • 「スマートフォンから世界が見える」 (泉貴久 2015. 日本社会科教育学会2015年@宮城教育大学)
  • 「小麦を対象とした高校地理Bの系統地理学習」中村洋介 2015. 日本社会科教育学会2015年@宮城教育大学)
  • 「東南アジアの生活・文化」(中村洋介2016.日本地理教育学会@慶応)
  • 「ナイルデルタから日本の海岸を考える」(河合豊明2016.日本地理教育学会@慶応)
  • 「チョコレートから世界が見える」(泉貴久 2016.日本地理教育学会@慶応)

その他,月刊「地理」でも実践例を報告しています。
https://bit.ly/2wxO4wv